フォーラム受講曲、フィードバック

//フォーラム受講曲、フィードバック

フォーラム受講曲、フィードバック

開催日 受講曲 FEEDBACK
9/3 RAVELボロディン風
RAMEAU クラウザン組曲集第1番より、サラバンド、3つの手、小さなファンファーレ
SCHUMANN クライスレリアーナより抜粋
STRAVINSKY ソナタより第3楽章
バロック時代の装飾音は主に響きを持続させるために用いられていた。現代のピアノではペダルも使えるため実感しにくいが、装飾音抜きで楽譜をよく読み取ってトリルなどを演奏してほしい。
シューマンの音楽は登場人物が多く、またそれぞれ違った個性や性格を持っている。キャラクターを一番に思い描いて演奏するようにしましょう。
楽譜編集者が記載したペダルや運指は参考程度に活用ください。作曲家の指示と違って絶対的に守らなければいけないわけではありません
Stravinskyは完全にピアノを一打楽器として捉えていた。リリカルなパッセージもあるが基本的にはペダルにあまり頼らない方が良いと思う。
9/21 CHOPIN 練習曲遺作第2番
BACH イタリア協奏曲
POULENC ナザレ夜会 抜粋
CHOPIN マズルカ
開催日 受講曲  FEEDBACK
10/2 SCHUMANN クライスレリアーナより抜粋
POULENCナザレの夜会
10/19
Previous
Next
2022-09-04T17:45:46+09:00 2022-08-13 |未分類|